ボーダー部隊

【ワールドトリガー】玉狛第二のメンバー・チーム戦術・強さまとめ

ワールドトリガー玉狛第二まとめ

【ワールドトリガー】玉狛第二のメンバー構成

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 160話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 160話
メンバーポジションメイン武器
三雲修 (隊長)シューターレイガスト
空閑遊真アタッカースコーピオン
雨取千佳スナイパーアイビス
ヒュースオールラウンダー弧月+バイパー
宇佐美栞オペレーター-

第152話で開幕したランク戦ラウンド6(玉狛第二VS生駒隊VS王子隊)までは戦闘員は修・遊真・千佳の三人編成。遊真をエースに据えて修・千佳の二人がサポートする形が基本であった。

一転、第166話からのランク戦ラウンド7(玉狛第二VS影浦隊VS東隊VS鈴鳴第一)からはアフトクラトルの凄腕剣士『ヒュース』を加えた4人体制。遊真とともにダブルエースとして奮闘する。

【ワールドトリガー】三雲修(みくもおさむ)のキャラクター紹介 ワールドトリガー三雲修まとめ 所属:玉狛第二 ポジション:シューター 戦闘スタイル:防御よりのシューター+...
【ワールドトリガー】空閑遊真 (くがゆうま)のキャラクター紹介 ワールドトリガー空閑遊真まとめ 所属:玉狛第二 ポジション:アタッカー 戦闘スタイル:スコーピオン×グラス...
【ワールドトリガー】雨取千佳 (あまとりちか)のキャラクター紹介 ワールドトリガー雨取千佳まとめ 所属:玉狛第二 ポジション:スナイパー 戦闘スタイル:超トリオンによる砲撃...
【ワールドトリガー】ヒュースのキャラクター紹介 ワールドトリガーヒュースまとめ 所属:玉狛第二 ポジション:オールラウンダー 戦闘スタイル:エスクード乱発...

【ワールドトリガー】玉狛第二のチーム戦術

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 138話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 138話

【ワールドトリガー】玉狛第二のチーム戦術1. ワイヤー陣

玉狛第二のチーム戦術1. ワイヤー陣

  • 修がスパイダーでMAP上にワイヤー地帯を設営
  • ワイヤーを活用した遊真の複雑な空中機動を可能に
  • ワイヤーの破壊を目論む敵や距離を取る相手には千佳のアイビスであぶり出す

ランク戦ラウンド4(玉狛第二VS二宮隊VS影浦隊VS東隊)でボコボコにされた後に習得した玉狛第二のひとつの完成形チーム戦術。

修がスパイダーを使ってMAP上にワイヤーを設置。グラスホッパーだけでは直線的な跳躍に制限されていた遊真の空中機動の自由度を向上させた。B級香取隊所属の若村が初見で『動きが読めねぇ!』と多少テンパるくらいには危険。ラウンド6では相敵した王子隊長もワイヤーをうまく活用することでベイルアウトに追い込んだ。

ランク戦ではボーナスポイントに数えられがちな修が『真っ先に落とされても何度でも味方の援護ができる』ためチームとしても嬉しい限り。MAPによってはランク戦開幕と同時にバッグワームを起動させつつワイヤーを張る修がデフォルト化するだろう。

また、ワイヤー陣内での交戦を嫌って、メテオラによる爆撃で地形破壊を目論む的や距離を取る相手にはトリオンモンスターによってあぶり出しの刑に処される。メイン武器として愛用してきたアイビスに加え、ランク戦ラウンド7で体得したメテオラも強力な爆撃兵器。ワイヤー陣以外を平らにする力を秘めているため距離をとっての膠着はおすすめしない。

【ワールドトリガー】玉狛第二のチーム戦術2. ダブルエース

玉狛第二のチーム戦術2. ダブルエース

  • 遊真とヒュースのダブルエースでゴリゴリ押す

ランク戦ラウンド7から生まれた新戦術。新たに加入したアフトクラトルの人型ネイバー『ヒュース』と遊真、2人の圧倒的戦力でゴリゴリ押して点を取る戦法である。

アタッカーまたはバランサーとして戦歴を積んだ遊真も中距離戦の手札が少ないのが痛かったが、ヒュースのバイパーとエスクードが解決。距離を置いての射撃戦にも対応可能となった。

ネイバー同士の連携にも磨きがかかっており、A級隊員であったとしても単独で挑めば食われる可能性が異常に高い。対戦相手としてはとにかく2人の合流前に勝負を決めたいところ。

【ワールドトリガー】玉狛第二の強さを解説

とにかく新しい戦術を取り入れることに貪欲な急成長部隊。ランク戦ラウンド1時と比較すると、新たにグラスホッパー・マンティス・スパイダー・レッドバレット狙撃などを習得するばかりか、新戦力としてヒュースを加入させるなど異様な速度で戦闘力を上げている。

遊真・ヒュースのダブルエースが揃ってしまえば近・中距離での攻略が難しく、狙撃戦に持ち込もうとも千佳の固いシールドが立ちふさがる。B級止まりとの下馬評を覆すばかりか、いつの間にかA級トップまで狙えるような部隊になってしまった。

逆に言えばランク戦ラウンド7以降の伸び代としては修の成長(主にトリオン能力)と千佳のノーマル狙撃解禁あたりしか見当たらない。アフトクラトル遠征が終了すると高確率でヒュースの離脱が予想されるため、新戦力の加入と合わせて修の成長に期待したい。

【ワールドトリガー】玉狛第二まとめ

ワールドトリガー玉狛第二まとめ

この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK