キャラクター

【ワールドトリガー】日浦茜(ひうらあかね)のキャラクター紹介

 

ワールドトリガー日浦茜まとめ

  • 所属:那須隊
  • ポジション:スナイパー
  • 戦闘スタイル:狙撃銃切り替え型スナイパー

ワールドトリガー日浦茜のプロフィール

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 107話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 107話
所属部隊那須隊
ポジションスナイパー
サイドエフェクト-

那須隊のスナイパー。師匠はA級三輪隊所属の奈良坂。

中学卒業後、ボーダーからの離脱を予定している15歳。三門市に大きな爪痕を残したアフトクラトルによる大規模侵攻を背景に、娘の身を案じた両親が転入手続きをとる。本人は強く反対したが引っ越しを免れることはできなかった。

スナイパーとして作中に初めて登場したのはB級ランク戦ラウンド3(玉狛第二VS那須隊VS鈴鳴第一)。空閑遊真・村上鋼といった両エースを相手に同部隊の熊谷と共に奮戦、一瞬の隙をついて弾速重視の狙撃銃「ライトニング」で遊真を狙うも、紙一重で回避される。その後はメテオラ・アイビスと多様なトリガーを使って攻撃を試みるも、遊真に接近を許しベイルアウトに追い込まれた。

ガロプラによるボーダー本部襲撃時には師である奈良坂とともに狙撃班として屋上に配置される。奈良坂にシールドを張ってもらうなど師弟愛を感じさせる場面も。

好きなものは帽子集めと猫とソフトクリーム。C級隊員の夏目が連れている猫にも強い関心を示す。

ワールドトリガー日浦茜のトリガー構成

SUB TRIGGERMAIN TRIGGER
バッグワームイーグレット
FREE TRIGGERアイビス
シールドシールド
メテオラライトニング

スナイパー3種の神器であるイーグレット・アイビス・ライトニングをフル装備。半崎や穂刈などイーグレット一丁のみで十分といった本職スナイパー陣と比べると、狙撃の腕は一段劣るが状況に応じた使い分けが可能であり、指揮官としてはこちらの方が嬉しい。

その他は全ポジション必携のシールド・バッグワーム。そしてシューター用のメテオラを装備している。ランク戦ラウンド3では地形破壊のために持ち込んだと思われるが、目立たない箇所に設置しつつ狙撃銃で撃ち抜くことで爆発させる、いわゆるトラップとして活用する場面も見られた。

ワールドトリガー日浦茜の戦闘スタイル

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 98話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 98話

隊長兼エースの那須を援護する目的からか、基本装備はバッグワームと弾速重視のライトニング。姿を消しつつチクチク狙撃するのが基本的な立ち回りと言えるだろう。

オフィシャルデータブック(BBF)によれば、トリオン能力は10段階中5ポイント。特段多いわけではないため、狙撃銃の転換には注意が必要。

自分が設置したメテオラを正確に射抜く技術力と狙撃トリガーを巧みに変更する胆力があるなど潜在能力の高さが伺える。

高校入学と同時にボーダーからの離脱が予定されている。空白の那須隊スナイパーポジションはC級の夏目が埋めるに一票。

ワールドトリガー日浦茜まとめ

ワールドトリガー日浦茜まとめ

  • 所属:那須隊
  • ポジション:スナイパー
  • 戦闘スタイル:狙撃銃切り替え型スナイパー
この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK