キャラクター

【ワールドトリガー】堤大地(つつみだいち)のキャラクター紹介

 

ワールドトリガー堤大地まとめ

  • 所属:諏訪隊
  • ポジション:ガンナー
  • 戦闘スタイル:二丁散弾銃

ワールドトリガー堤大地のプロフィール

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 129話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 129話
所属部隊諏訪隊
ポジションガンナー
サイドエフェクト-

諏訪隊の縁の下の力持ち。空閑遊真のボーダー入隊後、初となる模擬戦闘訓練を監督。その後も突如展開された風間VS三雲のベストオブミスマッチ戦を実況。「三雲ダウン」を24回カウントするも嫌な顔一つせず「もうちょっと見てみたい」と豪語する強者。結局は25回目のダウン宣言で戦闘終了となった。

アフトクラトルによる大規模侵攻時には諏訪隊の一員として出撃。新型トリオン兵ラービットと交戦するも隊長の諏訪をキューブ化され敗走。諏訪の救出を風間隊に任せた。その後は立方体からの復活を遂げた諏訪を含めてボーダー本部基地にてブラックトリガー沼の王(ボルボロス)を保有するエネドラと戦闘。忍田本部長・風間隊らと協力、これを撃破した。2級戦功をゲット!

B級ランク戦ではラウンド2(玉狛第二VS諏訪隊VS荒船隊)にて奮戦。荒船隊の半崎を持ち前のショットガンで蹴散らすも、空閑遊真のグラスホッパーお披露目の餌食となった。

ガロプラによるボーダー本部襲撃時には本部基地の防衛を担当。連携して攻めてくる大量のトリオン兵団を相手にショットガンの面制圧力が猛威を振るった。

A級部隊の隊長である加古が生成する「チョコミント炒飯」と「蜂蜜ししゃも炒飯」で2度ほど死線を彷徨った過去がある。いつも糸目の堤だが、目を開くとボーダーイケメンランキングが変動するともっぱらの噂。

ワールドトリガー堤大地のトリガー構成

SUB TRIGGERMAIN TRIGGER
アステロイド:散弾銃アステロイド:散弾銃
スタアメーカーFREE TRIGGER
シールドシールド
バッグワームFREE TRIGGER

隊長である諏訪光太郎と全く同じトリガーセット。両手の散弾銃(アステロイド)は他部隊に類を見ない。面での制圧力が高く、攻撃力不足が囁かれるガンナー界隈であっても十分に敵を撃破する力がある。

また、スタアメーカーによって被弾させた相手を延々とマーキングすることが可能。ヒットさせた部位を切り落とされない限りバッグワームやカメレオンを無力化できるため、特にステルス戦闘を好むアタッカーやスナイパー相手に重宝する。

ワールドトリガー堤大地の戦闘スタイル

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 89話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 89話

「俺の両手は機関銃」と見間違うかのような散弾銃によるショットガンが魅力的。片手ショットガン+シールドも汎用性の高い戦闘スタイルではあるが、防御は同隊員の笹森日佐人に丸投げして諏訪とともに攻撃特化の立ち回りを極めて欲しい。

距離を間違えればアタッカーの餌食になる、もしくはスナイパーの一方的な狙撃に晒されるため、戦闘中の位置どりにも気が抜けない。その点、堤大地は冷静な判断力を備えた現場の生命線であり、こいつが落とされると諏訪隊は地味にヤバいだろう。機動力が物を言うポジションだけにグラスホッパーを習得し、戦場を駆け回る堤大地に期待。

個人的にはバイパーやハウンド、メテオラといった特殊弾を散弾銃で弾き出す姿を見てみたい。

ワールドトリガー堤大地まとめ

ワールドトリガー堤大地まとめ

  • 所属:諏訪隊
  • ポジション:ガンナー
  • 戦闘スタイル:二丁散弾銃
この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK