キャラクター

【ワールドトリガー】王子一彰(おうじかずあき)のキャラクター紹介

ワールドトリガー王子一彰まとめ

  • 所属:王子隊 (隊長)
  • ポジション:アタッカー
  • 戦闘スタイル:オールラウンダー寄りのテクニシャン

ワールドトリガー王子一彰のプロフィール

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 150話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 150話
所属部隊王子隊 (隊長)
ポジションアタッカー
サイドエフェクト-

B級でもトップクラスの「走れる部隊」こと王子隊の部隊長。かつては弓場隊所属のアタッカーであったが、自分のチームを持ちたいが故に独立。中距離戦の要である蔵内を引き連れて新チームとして走り出した。

アフトクラトルによる大規模進行、ガロプラによるボーダー本部襲撃の2大イベントには不参加。初めて戦闘描写が見られたのはランク戦ラウンド6(玉狛第二VS生駒隊VS王子隊)である。

ランク戦では優れた頭脳と機動力を活かして市街地Aを縦横無尽に駆け回った。玉狛第二の戦術を冷静に分析し、優位に立ち振る舞うことに成功。チームメイトが全滅した後も孤軍奮闘し、修と生駒隊の水上をベイルアウトに追い込んだ。最終局面では生駒、遊真とのエース対決に巻き込まれ遊真のグラスホッパー殺法に沈む。

対戦相手には奇妙なあだ名をつけることに定評があるどこか憎めないB級トップクラスの王子。

ワールドトリガー王子一彰のトリガー構成

SUB TRIGGERMAIN TRIGGER
スコーピオン弧月
ハウンド旋空
シールドシールド
バッグワームFREE TRIGGER

右手に弧月、左手にスコーピオンをセットする二刀流スタイルだが、片手剣+その他のトリガーの運用を主軸にしている。

バッグワームのONFOFなどトリガーの切り替えも巧み。両足が残っていれば単独で機動戦の展開も十分に狙えるため、王子隊の中では最も厄介な存在。

公表はされていないが、スコーピオンか弧月、もしくは両方がマスタークラスと想定される。

ワールドトリガー王子一彰の戦闘スタイル

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 156話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 156話

スコーピオン、弧月、ハウンドを上手く使い分けるオールラウンダー寄りのアタッカー。持ち前の機動力を活かしつつ、戦況に応じて攻撃用トリガーをテンポよく切り替えるなど、柔軟性の高い戦闘スタイルだ。

基本的には中距離からハウンド、近接ではスコーピオンを多用する描写が多い。対戦相手を確実に仕留めるためか、近接戦闘ではトリオン体の伝達脳を切断する動きがよく見られる。

機動力に秀でており、敵戦術を見破る観察眼も鋭い。加えて柔軟性の高い戦闘スタイルの評価も高いが、どうしても「B級上位の隊長」といった印象が強く感じられる。一芸に秀でるなど、もう少し特徴が見えればA級定着も見えてくるに違いない。

ワールドトリガー王子一彰まとめ

ワールドトリガー王子一彰まとめ

  • 所属:王子隊 (隊長)
  • ポジション:アタッカー
  • 戦闘スタイル:オールラウンダー寄りのテクニシャン
この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK