キャラクター

【ワールドトリガー】村上鋼(むらかみこう)のキャラクター紹介

 

ワールドトリガー村上鋼まとめ

  • 所属:鈴鳴第一
  • ポジション:アタッカー
  • 戦闘スタイル:剣+盾のガンダムスタイル

ワールドトリガー村上鋼のプロフィール

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 19巻表紙葦原大介先生 / ワールドトリガー / 19巻表紙
所属部隊鈴鳴第一
ポジションアタッカー
サイドエフェクト強化睡眠記憶

ボーダーの誇るNo.4アタッカー。7人しかいないとされる個人1万ポイント超の猛者。鈴鳴第一に所属している。大規模侵攻、ランク戦、ガロプラによるボーダー本部襲撃と描写が多くファンも多い18歳。

初登場はアフトクラトルによる大規模侵攻。鈴鳴第一フルメンバーにてトリオン兵と交戦。順調に敵を撃破していたところに新型トリオン兵のラービットが出現。来馬と太一をB級合同部隊に合流させるべく、足止め役を申し出る。結局一人で3匹を相手取り、苦戦を強いられるもA級1位の太刀川による救援にて全固体の撃破に成功する。

主人公チームの玉狛第二とはランク戦ラウンド3(玉狛第二VS那須隊VS鈴鳴第一)とラウンド7(玉狛第二VS影浦隊VS東隊VS鈴鳴第一)で交戦。ラウンド3では空閑遊真と一騎打ちの上惜敗。ラウンド7では停電戦術で影浦を落とすも玉狛第二のダブルエースに破れて中位落ちを喫した。

ガロプラによるボーダー本部襲撃時には太刀川・風間・小南と即席の小隊を編成。格納庫の遠征艇を守るべく侵入者の人型ネイバー2人と交戦。部隊長のガトリンからは「目標達成のためには一番邪魔な存在」認定を受ける。遠征艇を破壊すべく放たれた砲撃をレイガストとシールドを巧みに操り守り抜くことに成功した。

好きなものは自己鍛錬。己の分をわきまえた凄腕剣士。

ワールドトリガー村上鋼のトリガー構成

SUB TRIGGERMAIN TRIGGER
レイガスト弧月
スラスター旋空
シールドシールド
バッグワームFREE TRIGGER

右手に弧月、左手にレイガストを同時起動させるガンダムスタイル。それぞれのオプショントリガーである旋空とスラスターをセットしているものの、使用頻度としては圧倒的にスラスターの方が多い。

片手を落とされた際にはシールドも併用するが、基本的にはレイガストのシールドモードで防御を担う。バッグワークを起動した描写はない。

両手の剣でアタッカーを粉砕していくスタイルであるため、片手がふさがるグラスホッパーを入れる旨味は少ない。地に足をつけた二刀流を貫いてほしい。

ワールドトリガー村上鋼の戦闘スタイル

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 168話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 168話

弧月+レイガスト(シールドモード)が村上の基本的な立ち回り。時にスラスターを使ったシールドバッシュや空中移動を見せるが、それ以上にアタッカーと切り結ぶことが多い。「強化睡眠記憶」のサイドエフェクトによって、過去の対戦相手が繰り出した超絶技巧をすべてインプットしており、見たことのある技はなかなかヒットしない曲者。アタッカー陣、特にスコーピオン勢の派生技が多いのは村上が一因だろう。

チーム戦術としては隊長である来馬を守ることを重要視している。かつては一方的に守ってばかりの関係であったが、ラウンド7にて披露したダブル突撃銃スタイルなど連携することで中距離での攻撃力上昇に成功した。

ランク戦では惜敗の印象が強いが、ひとたび防衛任務となれば心強い二刀流である。

【ワールドトリガー】来馬辰也(くるまたつや)のキャラクター紹介ワールドトリガーB級部隊の来馬辰也のキャラクター紹介!トリガーセットや戦闘スタイルなどをまとめて解説!...

ワールドトリガー村上鋼まとめ

ワールドトリガー村上鋼まとめ

  • 所属:鈴鳴第一
  • ポジション:アタッカー
  • 戦闘スタイル:剣+盾のガンダムスタイル
この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK