キャラクター

【ワールドトリガー】影浦雅人(かげうらまさと)のキャラクター紹介

ワールドトリガー影浦雅人まとめ

  • 所属:影浦隊
  • ポジション:アタッカー
  • 戦闘スタイル:スコーピオン二刀流

ワールドトリガー影浦雅人のプロフィール

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 169話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 169話
所属部隊影浦隊
ポジションアタッカー
サイドエフェクト感情受信体質

かつてはA級部隊であったが根付さんにアッパーをかましてB級に降格、おまけに個人ポイントを10,000点ほど剥奪されたお好み焼き屋の次男坊。

アフトクラトルによる大規模人口時には出番なし。初めて戦闘描写を見せたのはランク戦ラウンド4(玉狛第二VS二宮隊VS影浦隊VS東隊)である。遊真・辻らアタッカー陣と切り結びながらも最後まで生存、タイムアップに持ち込んだ。

ガロプラによるボーダー本部襲撃時にはランク戦ラウンド5に参加していたため不参加。ランク戦ラウンド7(玉狛第二VS影浦隊VS東隊VS鈴鳴第一)にて主人公チームと再戦。サイドエフェクトの感情受信体質に助けられ、鈴鳴第一の停電戦術やヒュースの弾トリガーによる攻撃をいち早く察知するも、村上鋼の一撃によるトリオン漏出過多にてベイルアウトを喫した。

実家のお好み焼き屋は影浦隊の面々以外にも、空閑・荒船・穂刈:村上・当真など錚々たるメンツの集会場としても機能している。

ワールドトリガー影浦雅人のトリガー構成

SUB TRIGGERMAIN TRIGGER
スコーピオンスコーピオン
FREE TRIGGERFREE TRIGGER
シールドシールド
バッグワームFREE TRIGGER

メイン武器は伸縮自在のスコーピオン。その他にはシールドとバッグワームのみの最小限セットを装備しているあたり、攻撃用トリガーにイーグレットしかセットしていない穂刈・半崎らと通じるものがある。

両手のスコーピオンを合体、リーチを伸ばし鞭のように扱う「マンティス」が主だった攻撃手段。攻撃トリガーをひとつに絞っているためか、ランク戦ラウンド4開始時点の個人ポイントは隊務規定違反によるマイナス1万ポイントを換算しても4,780ポイントとかなり高い。

やっとの思いで撃墜したところで存外にポイントが奪取できないため、その点においては他のチームからすれば堕とす旨味は少ないのが残念。

ワールドトリガー影浦雅人の戦闘スタイル

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 114話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 114話

必要最小限のトリガー構成であるため、自然と攻撃手段や立ち回りは限定される。基本は中距離からのマンティス、接近を許した場合は従来のスコーピオンの形を保った二刀流にチェンジする。

弧月やスコーピオンしか持っていないアタッカー陣を中距離から一方的に攻撃することができる便利なユニット。唯一、玉狛第二の空閑遊真は驚異的なスピードでマンティスを習得したため注意が必要と言える。

サイドエフェクトの感情受信体質は相手の殺気を感知するため、特に乱戦では一呼吸早い回避行動に移行できて便利。狙撃はもちろん、アタッカーが切りつけようとしている箇所まで判別できるため、特に戦闘時には重宝する副作用である。

千佳のサイドエフェクト「敵感知」と合わせるとかなり高性能なレーダーとして機能するだろう。遠征時には2人そろって連れて行きたい。

ワールドトリガー影浦雅人まとめ

ワールドトリガー影浦雅人まとめ

  • 所属:影浦隊
  • ポジション:アタッカー
  • 戦闘スタイル:スコーピオン二刀流
この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK