キャラクター

【ワールドトリガー】歌川遼(うたがわりょう)のキャラクター紹介

 

ワールドトリガー歌川遼まとめ

  • 所属:風間隊
  • ポジション:オールラウンダー
  • 戦闘スタイル:カメレオン奇襲ときどきシューター

ワールドトリガー歌川遼のプロフィール

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 57話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 57話
所属部隊風間隊
ポジションオールラウンダー
サイドエフェクト-

言葉に嘘のない隊長とずけずけ物を言う菊地原に挟まれた風間隊の良心。

初登場は空閑遊真のブラックトリガー強奪戦。同じくブラックトリガー「風刃」を保有する迅悠一に対して6対1と数的優位な展開を作るものの一歩及ばず胴を両断されてのベイルアウト。

アフトクラトルによる大規模侵攻時にはブラックトリガー「泥の王(ボルボロス)」を操るエネドラ相手に一度は撤退するものの、忍田本部長らの協力もあり伝達脳とトリオン供給期間の破壊に成功。

ガロプラによる本部襲撃時にはランク戦警備に当たっていたが基地内に侵入してきたウェンを菊地原とともに索敵。撃破後の確保と連行を試みるもベイルアウトによる撤退を許し、特に目立った戦果はなかった。

同部隊の菊地原が持ち前の悪態攻撃をつけば「口が悪いんだこいつは」とフォローを忘れず、久方ぶりに会った元オペレーターの宇佐美には「しばらく見ない間にまた綺麗になったんじゃないですか?」と社交辞令を忘れない。個人的にかなり好きなキャラ。

ワールドトリガー歌川遼のトリガー構成

SUB TRIGGERMAIN TRIGGER
スコーピオンスコーピオン
カメレオンメテオラ
シールドシールド
バッグワームアステロイド

菊地原のサイドエフェクトによる恩恵も大きく「風間隊と言えばステルス戦闘」といったイメージが強いが、歌川の存在により中距離からの牽制も可能。作中で披露したことはないが、メイントリガーとしてメテオラとアステロイドをセットしている。

基本的には両手のスコーピオンを同時展開した近接戦、カメレオンからの奇襲がメインの戦法。空閑遊真のブラックトリガー強奪戦でも散見されたように、シールドの発動よりも耐久力の低いスコーピオンで受太刀をする癖があり、ダメージを負う場面も多々ある。

ワールドトリガー歌川遼の戦闘スタイル

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 56話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 56話

基本的な立ち回りは、風間隊のチームコンセプト通りカメレオンによる隠密行動、スコーピオンによる奇襲である。

隊長である風間との連携はボーダー随一であり、近接戦でのシビアな連携をやってのける実力者。意外にも風間隊で最も防御・援護能力が高く、エネドラの沼の王(ボルボロス)による全力攻撃に対して、同部隊の菊地原は片腕を欠損した一方で歌川はノーダメージで切り抜けた。冷静に戦えばかなり強い。

B級上位の王子隊同様に「全員走れる部隊」である風間隊。A級ランク戦でも浮いた駒を冷静に刈り取る姿が予想され、同じ戦場に立たされたスナイパー陣には同情を禁じ得ない。

日常回ではフォローの鬼として奔走する一方、戦闘面では際立った活躍が少ないのが残念。がんばってほしい。

ワールドトリガー歌川遼まとめ

ワールドトリガー歌川遼まとめ

  • 所属:風間隊
  • ポジション:オールラウンダー
  • 戦闘スタイル:カメレオン奇襲ときどきシューター
この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK