キャラクター

【ワールドトリガー】水上敏志(みずかみさとし)のキャラクター紹介

ワールドトリガー水上敏志まとめ

  • 所属:生駒隊
  • ポジション:シューター
  • 戦闘スタイル:嘘つき関西弁射手

ワールドトリガー水上敏志のプロフィール

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 152話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 152話
所属部隊生駒隊
ポジションシューター
サイドエフェクト-

B級上位の生駒隊が要する射手。全体の戦況を見極め中距離から援護に徹するなど指揮官とバランサーの役割を担う扇の要である。

生駒隊のチームメンバー同様、アフトクラトルによる大規模進行、ガロプラによるボーダー本部襲撃の2大イベントには不参加。戦闘描写が初めて描かれたのはランク戦ラウンド6(玉狛第二VS生駒隊VS王子隊)である。

早々に南沢が落とされ4人部隊の強みが活かせなかったものの、地形や相手の射程など細かい戦況を分析し、部隊長である生駒を補佐。また遊真を相手に中距離からの射撃で牽制、隠岐のスナイプにつながる見事な連携の初手を投じた。

生駒と二人掛かりで遊真を追い詰めるがグラスホッパーと瓦礫ブロックコンボの射程を見誤り、隙を作られる。間隙を縫って放たれた千佳のレッドバレットを喰らい、動きが遅くなったところを王子に狩られてベイルアウトした。

中学の途中までは真剣にプロ棋士を目指していたボーダー最強の棋士。将来は幹部、司令部コースか。

ワールドトリガー水上敏志のトリガー構成

SUB TRIGGERMAIN TRIGGER
アステロイドアステロイド
ハウンドメテオラ
シールドシールド
バッグワームFREE TRIGGER

シューター4種の神器のうち、バイパーを除く3種類をセット。

放てる合成弾はギムレット(徹甲弾)、サラマンダー(誘導炸裂弾)の2つ。1つだけ空きがあるため新たにハウンドをセットすればホーネットも打てる構成。トリオン量やセンスとの相談になるだろう。

合成弾のリストやトリガーの組み合わせについては【ワールドトリガー】射手(シューター)の合成弾をまとめて解説!記事に譲りたい。

【ワールドトリガー】射手(シューター)の合成弾をまとめて解説!ワールドトリガーで猛威を振るうシューターの合成弾をまとめて解説!トリガーの組み合わせやその特徴に迫る。...

ワールドトリガー水上敏志の戦闘スタイル

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 157話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 157話

全体の戦況を見極めつつ中距離からの射撃が水上の基本的な立ち回りとなる。

また、ランク戦ラウンド6(玉狛第二VS生駒隊VS王子隊)で披露した様に「声に出した弾丸と違う弾を撃つ」地味に高等な技術を駆使する。

ボーダーのランク戦を除いてはあまり効果が期待できないスキルだけに残念ではあるが、対戦相手の意表をつくことができるため使い所を見極めれば有効な一手になるだろう。

戦闘、思考能力の高さから遠征に連れて行くと地味に役に立つ存在であると思われるが、生駒隊のバランスの良い4人編成は使い勝手が良く、お留守番組に抜擢される可能性も高いだ。

ワールドトリガー水上敏志のキャラクター紹介まとめ

ワールドトリガー水上敏志まとめ

  • 所属:生駒隊
  • ポジション:シューター
  • 戦闘スタイル:嘘つき関西弁射手
この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK