キャラクター

【ワールドトリガー】犬飼澄晴(いぬかいすみはる)のキャラクター紹介

ワールドトリガー犬飼澄晴まとめ

  • 所属:二宮隊
  • ポジション:ガンナー
  • 戦闘スタイル:近接もバッチリ系ガンナー

ワールドトリガー犬飼澄晴のプロフィール

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 113話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 113話
所属部隊二宮隊
ポジションガンナー
サイドエフェクト-

犬飼は二宮隊所属のガンナー。ランク戦ラウンド4(玉狛第二VS二宮隊VS影浦隊VS東隊)スタート時にはアステロイドが8,422ポイントでマスタークラス(ハウンドは7,009ポイント)。コミュニケーション能力に秀でた貴重な社交役兼バランサー。

初登場はランク戦ラウンド4。玉狛第二の修・千佳を狙って銃撃を仕掛けるも、ことごとく失敗に終わった。ベイルアウト間際の遺言は「おいおいみんな女の子にアマいんじゃない?」。

ガロプラによるボーダー本部襲撃時には負け犬イメージの払拭に奔走。地上部隊として大量のトリオン兵を相手取り、着実にその数を削る。目立った戦果はないものの安定感のある戦運びを実現した。

犬は飼っていない。

ワールドトリガー犬飼澄晴のトリガー構成

SUB TRIGGERMAIN TRIGGER
ハウンドアステロイド:突撃銃
スコーピオンハウンド:突撃銃
シールドシールド
バッグワームFREE TRIGGER

主だった戦闘描写はランク戦ラウンド4とガロプラに対する防衛戦時。実際に使用されたトリガーはアステロイドとシールドのみで装備の割には物足りないイメージ。

シュータートリガーのハウンドは両手が落とされた時の保険、スコーピオンはアタッカーに距離を詰められた時に限定して使用されるのかも。

オールラウンダーの資質を抜群に秘めているため、あとは狙撃銃さえマスターすれば木崎レイジに次ぐパーフェクトオールラウンダーへの道が開ける。

【ワールドトリガー】木崎レイジ(きざきれいじ)のキャラクター紹介ワールドトリガーのボーダー最強部隊『玉狛第一』の隊長である木崎レイジのキャラクター紹介。トリガー構成や戦闘スタイルを徹底解説!...

ワールドトリガー犬飼澄晴の戦闘スタイル

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 112話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 112話

基本的な立ち回りとしては中距離からバリバリ銃撃するスタイル。オフィシャルデータブック(BBF)によればトリオン能力は10段階中8ポイントとなかなか高い。

また、雪上MAPでは壁走りによる地形戦への対応、交戦した際の咄嗟のシールド変形な、ど戦闘経験の豊富さが垣間見られる。

香取隊の険悪なムードの中に犬飼を放り込んだらどんな化学反応を起こすのか、ちょっと見てみたい。

ワールドトリガー犬飼澄晴まとめ

ワールドトリガー犬飼澄晴まとめ

  • 所属:二宮隊
  • ポジション:ガンナー
  • 戦闘スタイル:近接もバッチリ系ガンナー
この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK