キャラクター

【ワールドトリガー】来馬辰也(くるまたつや)のキャラクター紹介

 

ワールドトリガー来馬辰也まとめ

  • 所属:鈴鳴第一
  • ポジション:ガンナー
  • 戦闘スタイル:ダブルアサルトライフル

ワールドトリガー来馬辰也のプロフィール

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 169話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 169話
所属部隊鈴鳴第一
ポジションガンナー
サイドエフェクト-

鈴鳴第一の隊長。家がお金お持ちかつ甘やかされて育ったものの、傲慢さを微塵も感じさせない菩薩のようなお人柄。大規模侵攻・ガロプラによるボーダー本部襲撃・2つのランク戦など戦闘描写がかなり豊富。B級中位と上位を行ったり来たりしている。

初登場はアフトクラトルによる大規模侵攻時。鈴鳴第一フルメンバーでトリオン兵を排除、後にチームメイトの村上と別れた後にB級合同部隊へ合流、10人体制で人型ネイバーランバネインと交戦。持ち前の狙われやすさを武器に、囮役として奮闘、撃破に貢献した。

主人公チームの玉狛第二とはランク戦ラウンド3・ラウンド7で遭遇。どちらも辛酸を嘗める結果となるが、大規模侵攻の経験からか凄腕メンバー村上鋼がおらずとも果敢に立ち向かう胆力を発揮。アサルトライフルのフルアタック(アステロイド+ハウンド)といった新技の開発にも成功するなど玉狛第二の貪欲な成長速度に感化されたのかもしれない。

ガロプラによるボーダー本部襲撃には本部基地の防衛を担当。特に目立った戦果は残していないものの、即席で諏訪隊の面々と共闘するなど物腰の柔らかさは流石の一言である。

人生で怒ったことがない。太一に壊滅させられたものの、アクアリウムが好き。

ワールドトリガー来馬辰也のトリガー構成

SUB TRIGGERMAIN TRIGGER
サイレンサーアステロイド:突撃銃
FREE TRIGGERハウンド:突撃銃
シールドシールド
バッグワームFREE TRIGGER

メインにセットした突撃銃に2種類の弾丸で射撃戦を展開する。上記のトリガーセットはオフィシャルデータブック(BBF)に基づくものであり、発行後に開始されたランク戦ラウンド7(玉狛第二VS影浦隊VS東隊VS鈴鳴第一)では両手にアサルトライフルを装備しており、大きくトリガー構成が変化している。

オプショントリガーである『サイレンサー』をセットしているものの、177話時点では明確に起動されたシーンが描写されていない。文字面からは、銃撃の音を消す消音器としての効果を発揮すると考えられるがアタッカーであるB級の常盤隊長も装備しており真相は依然不明である。

ワールドトリガー来馬辰也の戦闘スタイル

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 168話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 168話

大規模侵攻時までの来馬は、ボーダーNo.4アタッカー村上鋼を頼りに中距離からアサルトライフルで援護するのが基本的な立ち回り。しかし、大規模侵攻時にて村上と別行動をとったことなどをきっかけに、自身の攻撃力を底上げしたダブルアサルトライフルスタイルに昇華した。

防御に関しては村上に任せ、ハウンドとアステロイド2つの弾丸で敵を追い詰める。相手アタッカーを孤立させる効果が高く、アタッカー+シューターorガンナーと相敵する場合は大きな戦果が見込まれる。両手の弾丸設定をしれっとチェンジする更にやっかいな来馬先輩に期待。

ワールドトリガー来馬辰也まとめ

ワールドトリガー来馬辰也まとめ

  • 所属:鈴鳴第一
  • ポジション:ガンナー
  • 戦闘スタイル:ダブルアサルトライフル
この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK