ワールドトリガーのネタバレ・感想

ワールドトリガーのネタバレ175話!ランク戦ラウンド7決着!

本記事では、ワールドトリガー175話のネタバレを含みます!閲覧する際はご注意を!

ワールドトリガー175話ネタバレまとめ

  • ヒュースがベイルアウト!東がアイビスで粉砕
  • 千佳のメテオラ爆撃が炸裂!東隊は撤退へ
  • ランク戦ラウンド7は玉狛第二の圧勝!

ワールドトリガーのネタバレ175話!戦況まとめ

ランク戦ラウンド7の戦況 175話スタート時点
玉狛第二三雲修空閑遊真雨取千佳ヒュース
影浦隊影浦雅人絵馬ユズル北添尋-
東隊東春秋小荒井登奥寺常幸-
鈴鳴第一来馬辰也村上鋼別役太一-

174話はランク戦終盤にも関わらず

誰一人ベイルアウトしない珍しい展開。

入念な作戦会議を終えた両隊が激突する。

ワールドトリガーのネタバレ174話!怒涛の作戦会議回!ワールドトリガー 174話のネタバレ!玉狛第二、東隊の展開する作戦とは?...

ワールドトリガーのネタバレ175話!ヒュースがベイルアウト!

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 175話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 175話

ヒュースがベイルアウト

  • 東がアイビスでヒュースを撃ち抜く
  • 生存隊員は空閑・千佳・東・小荒井の4名

小荒井への攻撃体勢に入ったヒュース。死角からの攻撃を狙う東は、スナイパー御用達のバッグワームをヒュースの視界の端に落とす。反射的にバイパーで貫くもこれは囮。

ダミービーコンオンの反応に紛れてバッグワームとは逆方向に待機していた東。狙いを定め、ヒュースを撃ち抜く。高いトリオン量を誇るヒュースの堅牢なシールドもアイビスの攻撃力には抗えない。

ベイルアウト寸前のヒュースだが、バッグワームを貫いた際に展開したバイパーの時間差弾で東を攻撃。大半をシールドで防がれるも右足を破壊することに成功。大暴れした玉狛第二のルーキーもここで無念のベイルアウトとなった。

ワールドトリガーのネタバレ175話!千佳のメテオラ爆撃が炸裂!

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 175話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 175話 

千佳のメテオラ爆撃が炸裂!

  • 8分割メテオラでショッピングモールが本懐
  • 東隊は自発的にベイルアウト

千佳の前回のメテオラで小荒井が、ヒュースのバイパーで東が足を削られた東隊。「今なら逃げながらの狙撃はできない」といったヒュースのアドバイズも背中を押し、千佳によるメテオラ爆撃が再度開始された。遊真も側でシールドを展開するなど援護に余念がない。

一方の東隊長は「潮時だな」と退却を選択。足を失ったままでの玉狛第二との交戦は部が悪いためベイルアウト。解説の嵐山が言うように妥当な判断であっただろう。

ワールドトリガーのネタバレ175話!ラウンド7は玉狛第二の圧勝!

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 175話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 175話

ラウンド7は玉狛第二の圧勝!

  1. 玉狛第二:6得点
  2. 東隊:2得点
  3. 影浦隊:2得点
  4. 鈴鳴第一:1得点

ラウンド4(玉狛第二VS二宮隊VS影浦隊VS東隊)の4つ巴では無理ゲー感の強かったB級上位戦も大差での勝利となった。ヒュースの加入はもちろん、小荒井をユズルから守った修やメテオラでの爆撃を習得した千佳などお荷物感の強かった二人の成長も大きく寄与している。

これにて玉狛第二は36ポイント、影浦隊と横並び。惜しくも単独2位は逃したものの最終戦に望みをつないだ形となる。次戦を見越してバイパーをアステロイドの弾道でしか放っていないヒュース。まずは隠しカードがきっちり刺さるかが見ものだろう。

ワールドトリガーのネタバレ175話まとめ

ワールドトリガー175話ネタバレまとめ

  • ヒュースがベイルアウト!東がアイビスで粉砕
  • 千佳のメテオラ爆撃が炸裂!東隊は撤退へ
  • ランク戦ラウンド7は玉狛第二の圧勝!

 

ワールドトリガーのネタバレ一覧はこちら

この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK