ワールドトリガーのネタバレ・感想

ワールドトリガーのネタバレ176話!『修の不安』がついに判明!

本記事では、ワールドトリガー176話のネタバレを含みます!閲覧する際はご注意を!

ワールドトリガーネタバレ176話まとめ

  • ボーダーC級の間で『ヒュースがネイバー』の噂が流れる
  • 修の不安は『ヒュースが目立ちすぎること』だった
  • 根付さんと東さんの迅速な対応により事無きを得る...?

ワールドトリガーのネタバレ176話!『ヒュースがネイバー』の噂が流れる

ラウンド7を観戦していたC級隊員の間で『玉狛の新入りはネイバーなんじゃないか?』といった噂が流れる。

ランク戦での目立った活躍が波紋を読んでいる様子。たまたまラウンジに居合わせた風間隊の菊地原がサイドエフェクトで噂を察知、同席していた歌川から宇佐美に連絡が入り、即座に修に情報伝達される連携プレー。

宇佐美が元風間隊のオペレーターであったことが功を奏する形となった。

ワールドトリガーのネタバレ176話!修の不安がついに判明!

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 176話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 176話

修の不安がついに判明!

  • イヤな予感は『ヒュースが目立ちすぎること』だった

164話の時点から抱えていた『修の不安』がついに判明!アンサーは『ヒュースが目立ちすぎること』。

ラウンド7では初陣ながら獅子奮迅の活躍を見せたヒュース。やはり注目が集まっていた様子。大々的なお披露目を指示した部隊長である自分の責任と悔やむ修だが、迅の『揺れるな』発言が脳裏をよぎり、問題解決へと走りだす。

ちなみに『修の不安』の大本命として挙げられていた『ヒュースの加入による部隊内での存在意義の抹消』は屋外MAPでのワイヤー陣の展開といった修ならではの役割があることを本人が自覚しており見当違いに終わった。

ワールドトリガーのネタバレ176話!根付栄蔵の真骨頂!

葦原大介先生 / ワールドトリガー / 176話葦原大介先生 / ワールドトリガー / 176話

修が向かったのはボーダーメディア対策室。居合わせたのは本話のサブタイトルに抜擢された根付栄蔵と先ほど対戦を終えた東隊長。

ボーダー本部による噂の否定を願い出る修だったが、浮き足立った対策は逆効果と却下。代わりにより信ぴょう性のある噂、「ヒュースは玉狛のエンジニアであるクローニン班長の親戚であり、きわめて高いトリオン能力を持っていたためスカウトされた」を東の名前で流すことを決定。より信頼性のある内容で噂の上書きを狙う算段である。

これらの計画を修が到着するまでに創り上げるなど根付の手腕が発揮された。過去にも同様の問題があったのだろうか、経験値の豊富さを感じさせる一幕。

綿密に練られたチーム戦の幕間にも、思考が飛び交う心理戦が差し込まれるのが本作の魅力だろう。ヒュースの入隊はボーダー上層部も納得の上であることを踏まえると、今後大きな騒動に発展する可能性は低いため、あくまで根付さんの株を上げるための噂であったと信じたい。。

ワールドトリガーのネタバレ176話まとめ

ワールドトリガーネタバレ176話まとめ

  • ボーダーC級の間で『ヒュースがネイバー』の噂が流れる
  • 修の不安は『ヒュースが目立ちすぎること』だった
  • 根付さんと東さんの迅速な対応により事無きを得る...?

 

ワールドトリガーのネタバレ一覧はこちら

この記事のタイトルとURLをコピーする
【お知らせ】ワールドトリガー戦略室のLINE@はじめました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK